メインイメージ画像

京都のデリヘルを体験したいなら

セックスは人類のほとんどが経験する行為です。そうでなければ子孫が生まれないので、当たり前といえば当たり前なのですが、その当たり前の行為をせずに一生を終える人もいるのです。生涯を童貞で過ごす人には、2パターンあります。1つは、童貞を捨てたいと思っているが、その機会に恵まれず無念のまま人生を終える人。そして、もう1つは自らの意志で童貞を貫く人。ここでは、後者に注目してみましょう。ある40代の男性は、今まで一度も女性との性体験がないと言います。

童貞です。そして今後の人生においても、女性と交わるつもりはないそうです。真性のマゾだから、というのが理由とのこと。彼の考え方によると、セックスとはどうしても男性が攻め手になってしまう行為である、と。よって、自分がセックスデビューするということは、真性マゾの自分を否定することになるというのです。セックスしたことがある人は、「一度でもセックスをすれば、価値観は変わる!

」と言うでしょう。しかし彼は、セックスの快感に目覚めることよりも、真性マゾとしての生き方を優先させたいようです。なお、一生童貞でいることが決して不幸というわけではないでしょう。上杉謙信、沖田総司、宮沢賢治、レオナルド?ダ?ヴィンチ、ニュートンなども生涯童貞だったといいます。こうして見ると、童貞でも充実した人生を送ることは十分可能ということになります。とはいえ、五十路になってようやく女性を知り、京都のデリヘルに没頭し求めすぎたために妻が出ていってしまったというケースもありますから、よほどの念がない限りは、早めに筆おろししておいたほうが無難かもしれません。

更新情報